パラマナンダヨガ

パラマナンダヨガ

知恵を持ち、美しく歳を重ねる。
古典×現代ハタヨガの
パラマナンダヨガ

最新ニュースはこちらから→ニュース

パラマナンダのヨガ

ヨガとはサンスクリット語で繋がりを意味します。心、体、魂が繋がっているということです。ヨガの世界では呼吸、ポーズ、瞑想方を使い、この繋がりを深めていきながら自己のバランスを養っていきます。また食生活や生活の仕方そのものとの繋がりの事でもあり、結果生き方そのものの事でもあります。

パラマナンダヨガではヨガは新百合ヶ丘のアットホームなヨガスタジオです。ポーズを取れる様になることだけではなく人生が楽しく有意義に送れる様に心と体の繋がりを深め、自分を知って前向きに生きれる様に心身を整えていく様にトータルライフサポートをしています。アーユルヴェーダ、5000年以上の歴史がある世界最古のインド伝統的医学の知識を取り入れながら季節に合った健康法や食事法、生活の仕方、生活習慣の見直し、呼吸法、瞑想等総合的なヨガを皆様に教えていきたいと思っています。

初心者から経験者まで、またシニア、メンズの方も歓迎です。ストレス解消、冷え・むくみ・糖尿病・高血圧・癌・鬱・後年期障害・不妊症、アレルギー等の病気や体質を改善・予防する心身を作りませんか?個人の持つ美しさや潜在能力を引き出しながら健康で生き生きしたライフを送る力になりたいと思っています。

体験の方はこちらをクリック↓

ディレクターから

ナマステ!

パラマナンダのParamは最高の、Anandaは幸せという意味。パラマナンダヨガは皆様に健康で幸せなヘルシーライフを送って欲しいという願いから誕生しました。

パラマナンダヨガ設立者であり講師のアディトリはかれこれ20年近く前、フォトグラファーの道を歩む為ニューヨークにある写真の大学院へ留学しました。その後マンハッタンに15年ほど住んだ後他の国を転々としながら仕事をしていました。ニューヨーク時代は睡眠も少なくコーヒー片手に徹夜をすることも頻繁、と言う程の仕事の量で、数年間休暇を取ることもしていませんでした。若いからといって体はそのストレスには着いていけず、30歳になってからというもの毎年手術を繰り返すようになったのです。そのほとんどの手術は婦人科でお世話になり、子宮内膜症は手術をしてもまた戻ってくる、という手強いものでした。とある病院に救急車で運ばれた時は緊急手術で片方の卵巣は取らなければならないかも、と言われ、また結婚も妊娠もしていなかったトリーは号泣しながらその病院から逃げ出しました。この様な様々な経験から人生はキャリアを追ってお金や名声を得ることよりももっと大事なことがあると気づいたのです。それは自己の心と体のコミュニケーション、幸せを家族、友達、ヨガの生徒さん等周りの大切な人と分かち合う事、ポジティブそして幸せな心身を維持する事、です。

・数週間ベッドの上にいる間にストレスをマネージメントしていくことが人間にどんなに大事か学びました。自分の心身が出すメッセージに気づき自分の体の出す黄色や赤信号が分かるようにもなりました。

・心配をしてきてくれる真の友人や家族がいる反面、お金や名声を目的に寄って来ていた人達は離れて行きました。この時自分と繋がっている人を大切にしてハッピーを分かち合うことの大切さも痛感しました。

・子宮内膜症に成った時、なんで私だけ、、、と思ったりしましたが、通院や病院生活の中で会う他の患者さんが癌や同じ病気に前向きに向かっているのを見て私も頑張らなければ、と思いました。

30歳になるもっと前からヨガは始めていましたが更に意識を向け出したのもこの頃。ヨガを通して自分と向き合い、自己を理解すると周りの人の事も理解できるようになりました。食事面ではヴィーガン、ベジタリアン、マクロビ、アーユルヴェーダ(インドの伝統医学)と様々な自然療法、ヨガを続ける事でだんだんと体が強くなって行き、とうとう子宮内膜症を完治したのです!

私が出来るのなら、他に同じ悩みを持つ方々もできる、と思い、また健康を維持したい方を助けていきたいと思ったのがヨガを教えたいと決心したきっかけです。

体験の方はこちらをクリック↓

パラマナンダヨガフェイスブックでもお友達になってください!新しい情報沢山載せていきます。QRコードはこちら: